6月第1木曜日はアペリティフの日 心斎橋NoNameCafeの初夏限定アペリティフコースがおすすめ Ferioエアリデューサーロングは自宅での梅酒づくりに重宝します

s_00fe.jpg
2016年6月2日は、6月第1木曜日に当たります。実は6月第1木曜日は「アペリティフの日」なんです。アペリティフとは食前酒の事です。
食前酒は、19世紀頃にフランスから始まったもので、食欲を増進させたり、出席者の会話を弾ませるきっかけに飲むお酒です。少量の酒を1、2杯程度飲みます。日本では、白ワインなどをベースにした軽いカクテルが用いられることが多く、アルコール度数が高いものは用いられることはありません。日本料理や天ぷら料理の食前酒として梅酒を飲むケースもかなり最近では増えています。

写真は、大阪心斎橋にある「No Name Cafe」の初夏限定アペリティフコースです。アペリティフをカジュアルフレンチで楽しむコース料理。内容は、乾杯シャンドンサマー、本日のアミューズ、サーモンのマリネわさびのクリーム添えマスタードソース、じゃがいもとコンソメジュレの冷製スープパリソワール、海老とアスパラのクリームリゾット、ロゼスパークリングのグラニテ、スペイン産ラルポークのグリエソースシャスールにデザートが付きます。
詳細情報はこちら


551003_m.jpg
自宅で梅酒を作りたい方におすすめなのが、「Ferioエアリデューサーロング」。空気を抜くことで、食材の鮮度を保って長期保存。ガラス製なのでにおいうつりや色うつりなどもありません。梅酒作り、漬け物料理なども短時間でできます。
詳細情報はこちら